2008年以来、基盤産業の未来のために進化を続けたブランドの卓越性。

SATIMO – MVG傘下ブランド

 

 

熟練したイノベーターと、顧客を中心とするエンジニアリングソリューションへのアプローチで知られるSATIMOは、SATIMO INDUSTRIESORBIT/FRと並び、2009年にブランドの変革を遂げ、マイクロウェーブビジョングループの一員となりました。

一つの統一ブランドのアイデンティティの下で、これらの二社の子会社が歴史的に有する卓越性をよりよく組み合わせて活用することは、事業すべてのセクターの強化を図るグループの目的を反映しています。2008年から今日にいたるまで、350人を超える専属チームが、世界中でイノベーションと技術提供に力を注いでいます。これらは、幅広い中核セクターに及び、接続のビジュアル化、測定、証明および改良のための技術を提供します。

Satimo
satimo
沿革概要

1986 SATIMOが事業を開始。電磁気計測の分野で研究とプロトタイプ制作に注力。

1996 SATIMOは事業の転換を図り、民生用電気通信産業向けの独創的な多重センサー技術の開発と生産を開始。

2000 アメリカ(2000)、イタリア(2001)および香港(2004)という世界的な支社のネットワークで、一連の大口顧客にサービスを提供し、グローバルな成長を促進。

2008 SATIMOORBIT/FR社を企業買収。同社は、航空宇宙と防御セクター向け測定ソリューションを提供するアンテナの供給元企業。

2008 SATIMOORBIT/FRが、マイクロウェーブビジョングループの傘下となる。

SG64
SATIMOの技術はMVGでも主要な役割を果たします

MVGのブランドの下で、世界に名高いエンジニアリングとイノベーションの伝統を持つ企業SATIMOと優れた生産能力を持つSATIMO Industriesの両社は、今日も主要な役割を担っています。

MVGとしての世界的なチームは、電磁界の高速で正確な測定および視覚化を行う、独自の多重プローブ技術のイノベーションと製造を継続しています。

より広い高度なエンジニアリング技術のネットワークに支援を受けるようになったSATIMOは、その他MVGチームの無比の知識と製造関連の人材によって増強され、より大きな組織によってセキュリティも強化されています。

MVG
ワイヤレスの世界のための接続性テスト

マイクロウェーブビジョングループと、当社が事業を展開する産業についてはこちらからご覧ください。