航空宇宙&防衛

MVGは、空中、海上、衛星、地上および車両プラットフォームの試験および証明取得向けに、近接場技術、遠方場技術およびコンパクト技術の製品レンジを継続して開発しています。

航空宇宙と防衛のセクターで30年を越える経験を持つMVGは、アンテナ、レーダー有効反射断面積(RCS)、レードーム測定システムおよびEMCテスト技術調整で、高度な専門知識を提供します。

産業分野トップへ戻る

参照 Industrie Aerospace & Defense.jpg

アンテナテストおよび測定 (航空宇宙&防衛)

MVGは、アンテナ、RCS、およびレドームの試験のために、ニアフィールド、ファーフィールド、およびコンパクトレンジの測定技術に基づいた、幅広いアンテナ試験ソリューションを提供しています。
参照 Airliner jet maintenance Lufthansa Boeing 737.jpeg

レードーム測定

アンテナのレドームの電磁透過性の品質を維持することは、飛行中の航空機の安全と重要な機能のために不可欠です。レドームは干渉を起こしたり、信号の送受信機能を低下させたりしてはならず、正確な動作を確認するためにはレドームの試験が必要です。
参照 In the Field Aircraft_Vehicle Antenna Testing 2.jpeg

フィールド航空機/車両アンテナテスト

大型の船舶や航空機は、その大きさゆえにテストシナリオが複雑になります。このような船上でアンテナをテストするための試験室やシステムは、スペースが限られていることもあり希少です。MVGは、このような状況に対応するためのシステムを開発しました。
参照 Telecommunications - Active Array Measurement and Calibration2.jpg

効果的なアレイ較正&測定

フェーズドアレーアンテナは軍事用アプリケーションのソリューションとなる選択肢です。この産業では、これらのアンテナの正確な較正は極めて重要となります。
参照 Testing Semi-directional Antennas.jpeg

半指向性アレーアンテナテスト

準指向性アンテナは、RF信号を特定の方向に向けるように設計されており、ポイント・ツー・ポイント通信のほか、屋内や屋外での短・中距離通信にも使用されます。最近では、高周波を利用したアプリケーションも増えています。
参照 Full scale Aircraft Measurement.jpeg

原寸航空機測定

航空機に搭載されるアンテナには、その環境がアンテナの放射パターン、効率、利得、指向性、信号強度に与える影響を測定するための様々なテスト技術が必要です。
参照 RCS.jpeg

レーダー有効反射断面積(RCS)テスト

レーダー断面積(RCS)とは、物体の電磁的特徴のこと。レーダー信号がレーダー源に反射して戻ってくることで、物体がどの程度検出可能かを判断する。軍事的な用途では、RCSのテストにより、探知性の低い航空機の開発や、ターゲットを探知する能力の向上を図ることができる。
参照 Satellite Testing Solutions.jpeg

衛星アンテナテスト&測定

衛星通信、ナビゲーションあるいは衛星による国家安全保障および地表観測は、現在の日常生活に不可欠となっており、こうしたデータの信頼晴性や取得速度は継続した改善が求められています。
参照 AD - Tank in EMC chamber2.jpeg

EMCテスト (航空宇宙&防衛)

当社は、30年以上にわたり、航空宇宙と防衛産業のEMCテストソリューションを設計し、配備してきました。
参照 AD - RF Safety .jpg

RF安全性 (航空宇宙&防衛)

電磁界の正確な測定は、ハイリスクな環境で労働者の照射線量の適正値を維持するうえで重要です。
参照 Electromagnetic Pulse Protection.jpeg

電磁パルス保護

自然・人工の両方から放射される、電磁パルス(すなわち一時的な電磁気の外乱)の破壊的影響や潜在的損傷から、重要な電気資産設備を保護することは、多くの組織にとって重要です。