Avionics Testing Solutions

現代の航空業界では、航法、通信、測位、気象、温度管理、エンターテイメントなど、さまざまな目的のために、航空機内や機内に多数のアンテナが必要とされています。これらのアンテナが飛行中に正確にデータを送受信できるかどうかは、航行の安全性や国土安全保障と同じくらい重要な場合もあれば、単に乗客のサービスや快適性の問題である場合もあります。そのため、航空機のアンテナやアビオニクスの接続性を、開発、認証、現場での検査、修理などの各段階でテストすることが不可欠です。 

MVGは、アビオニクス試験用のアンテナ試験設備および計測システムをターンキーで提供しています。近接場、遠距離場、コンパクトレンジの測定技術をベースに、研究開発中のアンテナや航空機に搭載されたアンテナの試験を迅速かつ正確に行います。また、レドーム試験やRCS試験なども可能です。

ソリューションに戻る

参照 MVG World solution : In Field 航空機/車両のアンテナテスト

In Field 航空機/車両のアンテナテスト

大型の船舶や航空機は、その大きさゆえにテストシナリオが複雑になります。このような船上でアンテナをテストするための試験室やシステムは、スペースが限られていることもあり希少です。MVGは、このような状況に対応するためのシステムを開発しました。
参照 MVG World solution : レーダークロスセクション(RCS)テスト

レーダークロスセクション(RCS)テスト

レーダー断面積(RCS)とは、物体の電磁的特徴のこと。レーダー信号がレーダー源に反射して戻ってくることで、物体がどの程度検出可能かを判断する。軍事的な用途では、RCSのテストにより、探知性の低い航空機の開発や、ターゲットを探知する能力の向上を図ることができる。
参照 MVG World solution : レドーム測定

レドーム測定

アンテナのレドームの電磁透過性の品質を維持することは、飛行中の航空機の安全と重要な機能のために不可欠です。レドームは干渉を起こしたり、信号の送受信機能を低下させたりしてはならず、正確な動作を確認するためにはレドームの試験が必要です。
参照 MVG World solution : 航空機の実物大測定

航空機の実物大測定

航空機に搭載されるアンテナには、その環境がアンテナの放射パターン、効率、利得、指向性、信号強度に与える影響を測定するための様々なテスト技術が必要です。
参照 MVG World solution : アンテナの放射パターン測定

アンテナの放射パターン測定

アンテナ設計では、最終製品に組み込まれる前と後のアンテナの真のテストと測定が、アンテナの性能が最適であることを検証する最も正確な手段となります。  アンテナの放射パターンの測定は、テスト中のアンテナへの、またはアンテナからの電波の角度と方向の強さを理解する上で重要です。
参照 MVG World solution : アンテナデザイン

アンテナデザイン

MVGの計測システムおよびソフトウェアは、アンテナの試作からデバイスの実運用まで、アンテナおよびOTAの計測機能を通じて、ワイヤレスデバイスの設計プロセス全体を効果的かつ効率的にサポートします。