Antenna Radiation Pattern Measurement

アンテナ設計では、最終製品に組み込まれる前と後のアンテナの真のテストと測定が、アンテナの性能が最適であることを検証する最も正確な手段となります。  アンテナの放射パターンの測定は、テスト中のアンテナへの、またはアンテナからの電波の角度と方向の強さを理解する上で重要です。

ソリューションに戻る カテゴリーへ戻る アンテナ試験・計測

アンテナの放射パターン測定

アンテナの放射パターンの視覚化、評価、調整、検証

アンテナの特性評価の初期段階では、まずアンテナの放射パターンを測定し、アンテナからどの方向にどの程度のエネルギーが放射されているかを調べます。その結果、テスト対象のアンテナの相対的な大きさと位相が示されます。また、利得、効率、偏波などのSパラメータを定義し、放射パターンを2Dまたは3Dプロットで視覚化することができます。 

MVGは、放射パターンやSパラメータの測定から、OTAや実環境での機能テストまで、幅広いアンテナテストのニーズに対応する完全なテストおよび測定ソリューションを提供しています。MVGのニアフィールド、ファーフィールド、コンパクトレンジのアンテナ測定システムは、球状、円筒状、平面状のアンテナ測定パターンを数分で正確に測定します。

関連製品

関連資料