Active Array Measurement & Calibration

アクティブフェーズドアレイアンテナは、単一または複数の集束ビームを形成することができるため、5Gモバイル技術や衛星通信などの複雑な環境に最適です。

ソリューションに戻る カテゴリーへ戻る スペーステスト

キャリブレーションとアクティブフェーズ測定

キャリブレーションとアクティブフェーズ測定

アクティブフェーズドアレイアンテナの個々の素子は電子的に相互接続されており、それぞれがデジタル制御の移相器によって送信機または受信機にも接続されています。そのビーム形状やポインティング方向は、変化する環境条件やユーザーの要求に応じて、性能を最適化するように適応的にプログラムすることができます。これらのアンテナは、展開期間中に各素子の振幅と位相を校正する必要があります。放射開口部の初期校正は、通常、ニアフィールド範囲で減衰器と位相シフターのそれぞれの振幅と位相を調整することによって行われます。

MVGは、広い周波数範囲で動作する様々なアクティブ・アレイ・アンテナを迅速かつ正確に校正・測定するための完全な測定ソリューションを提供します。